早実、黄金時代への道 ~「早実、甲子園への道」第3章~

管理人による早実の公式戦の観戦記です。
「早実、甲子園への道」でスタートし、2006年センバツ出場を機に「早実、全国制覇への道」とタイトルを変え、2006年夏の全国制覇を機に「早実、黄金時代への道」にタイトルを変更しました。

負けた、早実対八王子戦
負けた。負けたよ。なかなか受け入れ難い。内容的には完敗でした。早実がやるべきことを八学に全部やられ、1点差まで迫ったものの、その内容はホームラン攻勢だけ。終始押されっぱなしだった。早実が押されることになったきっかけは、1回裏。先発の伊藤君が球審に二段モーシ...
>> 続きを読む

3年生の踏ん張り、早実対早大学院戦
パスワード忘れてログインできずにいました(笑)それにしても暑い。暑すぎる。毎年、こんなに暑かったっけ?というくらい暑い。汗が止まらない。そんな灼熱地獄の中で迎えた早実の初戦。相手は早大学院。ワセダ対決。1点リードされた8回表。先頭の野村君がフォアボールで出た...
>> 続きを読む

自滅、早実対日大三戦
準決勝の相手は日大三。何があっても負けたくない相手。結果は残念ながら2点及ばす…。内容は、相手云々というより、早実の自滅に近かった。試合は、1回表、早実の2点先制から始まる。横山君のショートゴロでサードランナーの茅野君がゴロゴーしたところ、三高日置君が目を切...
>> 続きを読む

春の神宮第二花火大会、早実対関東一戦
秋に続いて、またもや関東一戦。何年連続で対戦するの?というくらい、頻繁な対戦。あの隙のない野球をどう攻略するか。先制したのは関東一。立ち上がり浮き気味だった雪山君のボールを狙われ、センターオーバーツーベースを浴びる。ここから早実バッテリーは配球を切り替え...
>> 続きを読む

一気呵成、早実対國學院久我山戦
雨で平日の月曜日に順延になった、早実対國學院久我山戦。仕事やりくりして、なんとか球場へ。久しぶりの神宮第二は、相変わらずというか、ますますというか、グラウンドが酷い。よくあんな芝でケガしないね。雨天順延の影響なのか、あんまり張り詰めた緊迫感がない。試合前...
>> 続きを読む

チーム力が整ってきた、早実対工学院大付戦
春の公式戦2試合目の相手は、工学院大付。最近監督が代わり、かつ、本格派の好投手が現れたとのことで、どんな野球をやるのかなあと気になっていた相手。ふたを開けてみれば、先発した池田君の投打にわたる活躍もあり杞憂に終わった。池田君は、立ち上がりの初回こそピンチを...
>> 続きを読む

新戦力、早実対駿台学園戦
待ちに待った公式戦。ついに解禁。秋の最終戦を見に行けなかったので、(練習試合は何試合か見てるけど)公式戦は久しぶり。一冬超えて、チーム力がどれだけ底上げされたか、新戦力はどうなのかに注目。果たして、春の初戦となる駿台学園戦では、新戦力が台頭した。今日5番に...
>> 続きを読む

無難に快勝、早実対東実戦
本大会初戦、相手は東京実業。最近、夏には東東京でベスト4、8と結果を出している強豪。どんな試合になるかとやや気がかりだったけれど、結果は快勝でした!東実のピッチャーが制球定まらず、ストライクが入らないのを、早実の各打者がきちんと見極める。高めに手を出さない...
>> 続きを読む