早実、黄金時代への道 ~「早実、甲子園への道」第3章~

管理人による早実の公式戦の観戦記です。
「早実、甲子園への道」でスタートし、2006年センバツ出場を機に「早実、全国制覇への道」とタイトルを変え、2006年夏の全国制覇を機に「早実、黄金時代への道」にタイトルを変更しました。

無難なスタート、早実対小平西戦
待ちに待った夏初戦。東京の全出場校のラストにようやく早実の試合順がやってきた。初戦の相手は小平西。小平が夏ベスト4まで進出した時の監督で、前回、早実が小平と延長まで苦しんだ時の監督が異動してきた小平西。昨秋は日大鶴ヶ丘を、今春は東海大高輪台を倒し、関東一に...
>> 続きを読む

頭脳戦、早実対小山台
ベスト8の対戦相手は、小山台。相手チームの戦力分析には定評のあるチーム。この春も、試合中にうまく対応されて負けてしまった。試合は初回こそピンチを招くも、序盤は早実優位で進む。1裏は今大会打撃好調の北村君、梅村君の2人でノーアウト13塁のチャンスを作ると、茅野...
>> 続きを読む

春のホームラン祭り、早実対法政戦
打ちも打ったり5ホーマー。春のホームラン祭りとなった、法政戦。予想以上の打撃爆発ではありつつも、不安要素もチラホラと。試合は、1裏、北村君の先頭打者ホームランでいきなり動き出す。甘い球を見逃さずに仕留めるバッティングは、切り込み隊長として十分な役割。その後...
>> 続きを読む

圧倒、早実対駿台学園戦
本大会2試合目は駿台学園が相手。1回戦で駒大高、2回戦で最近力をつけてきた錦城学園を倒し、打力があるような印象をもったチーム。そんな駿台学園に対峙する先発投手は菊池君。ひと冬超えて真っ直ぐに力が出てきて練習試合では好投しているので期待はできるが、一方で公式戦...
>> 続きを読む

打撃爆発、早実対佼成学園戦
一冬超えた春の初戦。いきなり佼成学園が対戦相手。ここ数年は上位進出することも多く、1回戦は好投手渡辺君を擁する工学院を破っているので、そこそこ接戦になるかなと予想していた。序盤は予想どおり一進一退。試合が動き出したのは4回裏。先発を任された宇野君は、3回裏ま...
>> 続きを読む

完敗、早実対東海大菅生戦
センバツが目の前まで迫ってきた準決勝。相手は、またもや東海大菅生。試合は0-3と僅差ながらも完敗でした。先制したのは菅生。早実先発の伊藤君は、立ち上がりから真っ直ぐも変化球もコントロールが安定しないながらも2イニング凌いでいた。しかし、3回表、ストライクが全く...
>> 続きを読む

集中力、早実対日体大荏原
準々決勝、この日の相手は日体大荏原。雪谷で監督をしていた相原氏が監督に就任してから着実に力をつけてきた古豪。どんな試合展開になるか、まったく予想がつかなかった。ふたを開けてみれば、早実打線が初回から爆発。右ピッチャー用かなと思われるほど組み替えた打線が大...
>> 続きを読む

攻めの気持ち、早実対帝京戦
伝統校帝京との一戦。東東京時代から剛対柔の対象的なチームカラーで、不思議と清々しく戦える相手。結果は3対1の僅差ながら早実が勝利。勝因は、メンバーの「攻めの気持ち」にあったかのように思う。まず、攻めの気持ちを示したのは生沼君。初回、ランナーを二人おいて生沼...
>> 続きを読む