早実、黄金時代への道 ~「早実、甲子園への道」第3章~

管理人による早実の公式戦の観戦記です。
「早実、甲子園への道」でスタートし、2006年センバツ出場を機に「早実、全国制覇への道」とタイトルを変え、2006年夏の全国制覇を機に「早実、黄金時代への道」にタイトルを変更しました。

無難に快勝、早実対東実戦
本大会初戦、相手は東京実業。最近、夏には東東京でベスト4、8と結果を出している強豪。どんな試合になるかとやや気がかりだったけれど、結果は快勝でした!東実のピッチャーが制球定まらず、ストライクが入らないのを、早実の各打者がきちんと見極める。高めに手を出さない...
>> 続きを読む

緊張からの本領発揮、早実対日大鶴ヶ丘戦
ブロック決勝の相手は日大鶴ヶ丘。ここ数年は目立った結果を残していないけど実力校であることにはかわりない。素朴な疑問として、関西出身の選手たちは日鶴が強いって知ってるの?とも思った。試合は、早実雪山君、日鶴三浦君の投手戦で幕開け。早実打線は日鶴三浦君の前に3...
>> 続きを読む

新チーム好発進、早実対小山台戦
いよいよ新チームの船出。この夏は練習試合を全然見る機会がなかったので、新チームの試合は初観戦。清宮君がいなくなって、どんなチームになったのか、とっても気になる。そんな新チームが対するは小山台。早実としてはリベンジしなければならない因縁の相手。早実は初回か...
>> 続きを読む

自滅、早実対東海大菅生戦
2年ぶりの決勝。 対戦相手は、またしても東海大菅生。 果たして、結果はご存じの通り負けてしまいました。 球場から去る足取りは重く、帰宅後も布団に入っても試合展開が頭から離れず、起きてもやっぱり悔しさがこみ上げてくる。 そんな敗戦でした。 敗因は、研究されつく...
>> 続きを読む

1年越し、早実対八王子戦
準決勝の相手は八王子。 去年準々決勝で敗れた相手。 しかも、ここ数年、ずっと早実と接戦続きで、ほぼ互角。最近だけでも、加藤君の代、熊田君の代、土屋君の代と一進一退。 それだけに、絶対に越えなければならない山。 和泉監督も、相手先発を左の早乙女君、右の米原君...
>> 続きを読む

できることをコツコツと、早実対日本学園戦
去年の夏は準々決勝で終わった。 今年の準々決勝の対戦相手は、日本学園。 秋にはコールド勝ちした相手。 だから、今回もそこそこテンポよく点をとれるかなと想像していたけど、想像以上に苦しんだ。 これが、相手が必死になって全力でぶつかってくる夏の怖さ。 早実は初回...
>> 続きを読む

耐え忍んだ、早実対法政大高戦
2年前の秋に、さよなら負けした法政大高とのリベンジマッチ。 今大会初登板となった法政大高のエース折橋君の軟投の前に、早実打線は苦しんだ。 折橋君は球速こそ110キロ前後ながら、上から投げたり、横から投げたり、スローボールや落ちるボールを投げたり、変幻自在。 早...
>> 続きを読む

勝利に貪欲に、早実対芦花戦
初戦から中1日で迎えた、早実対芦花戦。 試合前の注目は、初戦に鼻を骨折した野村君が出るかどうか。 先発投手は誰なのか。 果たして、野村君はスタメンマスクで4番、初回にタイムリー、2回にもライト線タイムリースリーベース。 大丈夫か?という心配は杞憂に終わった。チ...
>> 続きを読む