早実、黄金時代への道 ~「早実、甲子園への道」第3章~

管理人による早実の公式戦の観戦記です。
「早実、甲子園への道」でスタートし、2006年センバツ出場を機に「早実、全国制覇への道」とタイトルを変え、2006年夏の全国制覇を機に「早実、黄金時代への道」にタイトルを変更しました。

実力差、早実対東海大菅生
早実にとっては久しぶりとなった神宮球場。準々決勝の相手は、ここ数年、ソツのない野球で時代を築きつつある東海大菅生。早実の今の実力を測るにはもってこいの場所と対戦相手でした。結果はご存知の通り、圧倒的な実力差を見せつけられて、10点差での8回コールドという完敗...
>> 続きを読む

打線にエンジンかかり始めた、早実対保谷戦
初戦に続いてベストメンバーを組めない中、今日も新戦力続々と登場した。初戦ともガラッとスタメンを変えた。そのスタメンが初回から機能する。2番に入った箭原君がライトに先制のソロホームランを放つと、続く宇野君がフォアボールから二盗でチャンスを作り、今日は5番に抜...
>> 続きを読む

危機を凌いだ、早実対日野台
雨で2度の順延の末、待ちに待った早実の夏初戦!今年に限っては、本音を言えば、もっと順延しても良いくらいではあるけれど。ベストメンバーを組めない中で、今日のマウンドを任されたのは3年生の倉光君。春の日野台戦でも好投していたので、その再現を期待しながら見ていた...
>> 続きを読む

歴史的完敗、早実対帝京戦
4回戦の相手は帝京。現段階の早実が強豪校とどれくらいの距離にあるのか、実力を測るにはまたとない対戦相手。結果は、0-13の5回1安打コールド負けという歴史的大敗。早実の野球を四半世紀以上見てきて5回コールドは記憶にない。2005年夏準決勝で日大三にコールド負けした時...
>> 続きを読む

ヒットエンドラ~ン、ヒットエンドラ~ン、早実対日野台戦
2日連続の試合となった3回戦。対戦相手はこの春大会ではシード校になっている日野台。2006年夏に足立新田が秋吉(元ヤクルト・日ハム)を擁して東東京ベスト4に進出したときの、畠中監督が率いるようになって強くなってきた。今年の日野台は1年生の夏からエースを務める林君...
>> 続きを読む

新戦力衝撃デビュー、早実対豊南戦
2回戦の相手は、早実伝説のサブマリン投手弓田さん率いる豊南。練習試合では負けたとの情報もあったので、前の試合のデキを見るとヤバいのかなあ若干の不安も抱きつつ球場へ。早実も豊南も序盤は得点ならず、均衡した幕開け。均衡を破ったのは、早実の新戦力だった。昨日入学...
>> 続きを読む

ぎこちなかった、早実対武蔵丘戦
新型コロナ禍でチーム全体での練習も3月までできず、練習試合もまともにやれず、大会直前からやっと全体練習が再開。そんな状況の中、ひと冬超えてどんなチームになったのか? 秋から選手は大きくなったのか、個人練習でどこまで上積みできたのか、全体練習ができない中でど...
>> 続きを読む

緊迫した展開から一転して自爆、早実対関東一戦
本大会2回戦の相手は関東一負けましたどうにもならないくらいの完敗観戦記とはいえ何を書いたら良いだろうか例年負けたら負けたなりに悔しい思いが湧いてきたりショックを受けたり、選手たちに対して、あそこでこうしたらよかったかもね、という気持ちも芽生えたしかし、今回...
>> 続きを読む