早実、黄金時代への道 ~「早実、甲子園への道」第3章~

管理人による早実の公式戦の観戦記です。
「早実、甲子園への道」でスタートし、2006年センバツ出場を機に「早実、全国制覇への道」とタイトルを変え、2006年夏の全国制覇を機に「早実、黄金時代への道」にタイトルを変更しました。

耐え忍んだ、早実対法政大高戦
2年前の秋に、さよなら負けした法政大高とのリベンジマッチ。 今大会初登板となった法政大高のエース折橋君の軟投の前に、早実打線は苦しんだ。 折橋君は球速こそ110キロ前後ながら、上から投げたり、横から投げたり、スローボールや落ちるボールを投げたり、変幻自在。 早...
>> 続きを読む

勝利に貪欲に、早実対芦花戦
初戦から中1日で迎えた、早実対芦花戦。 試合前の注目は、初戦に鼻を骨折した野村君が出るかどうか。 先発投手は誰なのか。 果たして、野村君はスタメンマスクで4番、初回にタイムリー、2回にもライト線タイムリースリーベース。 大丈夫か?という心配は杞憂に終わった。チ...
>> 続きを読む

確実に初戦突破、早実対南平戦
いよいよ、野球を愛し、野球に愛された男たちの勝負の夏が始まった。 初戦の相手は南平。 率いる畠中監督は、足立新田の監督時代に同校を東東京のベスト8常連になるまでに育てた若き名将。しばらく島に異動して、去年から南平の監督に就任。 そつのないキチンとしたチームを...
>> 続きを読む

完敗、早実対作新学院戦
関東大会準々決勝の対戦相手は、昨夏の全国優勝チームで、秋の関東チャンピオン作新学院。 結果は、走攻守のすべてにおいて完敗でした。 1回表、先発した服部君が作新学院打線に捕まり4失点。 作新学院打線は昨日の明秀日立戦でも打撃好調。 早いカウントの真っ直ぐ...
>> 続きを読む

悔しさをバネに、早実対花咲徳栄戦
山縣君、日野頼君らを擁して以来の春関東大会。深夜からの大行列で朝5時30分開門、球場の2階まで超満員という大フィーバー。そんな喧噪の中で行われた、埼玉2位の花咲徳栄戦。今年の早実のチームらしい試合っぷりでサヨナラ勝ちを納めた。球場がざわついたのは、まず試合前ノ...
>> 続きを読む

決戦は木曜日、早実対日大三戦
観戦記を楽しみにしていただいた皆さま、お待たせいたしました。遅くなりまして申し訳ありません。実は、某媒体からも観戦記を依頼されていたので、そちらを先に書き上げていました。(なので、これが2本目の観戦記。もちろん、内容もトーンも違います)さて、ご存知のとおり...
>> 続きを読む

神宮春のホームラン祭り、早実対国士舘
三季連続となった国士舘戦。 秋にはコールドで大勝した。 しかし、国士舘対関東一戦を見ると、ひと冬こえて永田監督の野球が浸透して力強くなっていた。 秋とは別のチームと思って、心して掛からなければならない相手。 その嫌な予感は的中。 1回表、早実先発石井...
>> 続きを読む

やられたらやり返す、早実対駒大高戦
準々決勝の駒大高戦。創価、八王子を破って勝ちあがってきて、勢いに乗っている。しかも、 エース吉田永君は背番号3ながら、なかなか前評判の高いサウスポー。どうやって攻略するのかな、と期待と不安が入り混じる。1回表、早実の攻撃。駒大高吉田永君は、低めにまっすぐが伸...
>> 続きを読む