早実、黄金時代への道 ~「早実、甲子園への道」第3章~

管理人による早実の公式戦の観戦記です。
「早実、甲子園への道」でスタートし、2006年センバツ出場を機に「早実、全国制覇への道」とタイトルを変え、2006年夏の全国制覇を機に「早実、黄金時代への道」にタイトルを変更しました。

完敗、早実対東海大菅生戦
センバツが目の前まで迫ってきた準決勝。相手は、またもや東海大菅生。試合は0-3と僅差ながらも完敗でした。先制したのは菅生。早実先発の伊藤君は、立ち上がりから真っ直ぐも変化球もコントロールが安定しないながらも2イニング凌いでいた。しかし、3回表、ストライクが全く...
>> 続きを読む

集中力、早実対日体大荏原
準々決勝、この日の相手は日体大荏原。雪谷で監督をしていた相原氏が監督に就任してから着実に力をつけてきた古豪。どんな試合展開になるか、まったく予想がつかなかった。ふたを開けてみれば、早実打線が初回から爆発。右ピッチャー用かなと思われるほど組み替えた打線が大...
>> 続きを読む

攻めの気持ち、早実対帝京戦
伝統校帝京との一戦。東東京時代から剛対柔の対象的なチームカラーで、不思議と清々しく戦える相手。結果は3対1の僅差ながら早実が勝利。勝因は、メンバーの「攻めの気持ち」にあったかのように思う。まず、攻めの気持ちを示したのは生沼君。初回、ランナーを二人おいて生沼...
>> 続きを読む

圧巻の投球光る、早実対拓大一
雨天順延も心配された早実対拓大一。早実の控え部員によるグラウンド整備の甲斐あって1時間遅れでのスタート。試合は、伊藤君のピッチングが光った。序盤はまっすぐ中心に、中盤以降はスライダー、チェンジアップも交えて、拓大一打線を手玉にとる。今日の球審が外角が広いと...
>> 続きを読む

もらった勝利、早実対明学東村山戦
いよいよ本大会がスタート。初戦は明治学院大学東村山。試合内容は…正直言って、あまり書くことがない。結果的には7ー0の7回コールドゲームで勝利したものの、内容は、相手のミスでランナーを貯めて、進塁させて、点をもらっただけ。強いて言えば、生沼君を筆頭に早実打線が...
>> 続きを読む

1段階クリア、早実対聖パウロ学園戦
新チームになっての第二戦。課題が多く見つかった初戦から一週間、どれだけ改善されたかに注目。対戦相手は聖パウロ学園。八王子高校のコーチだった勝俣監督が就任してからメキメキと力をつけ、最近は夏のベスト8にも入るようになってきた、気の抜けない相手。ふたを開けてみ...
>> 続きを読む

伸びしろだらけ、早実対昭和鉄道戦
早すぎた夏の終りから2か月。新チームになって迎える秋の初戦。毎年のことだけど、メンバーがガラッと入れ替わって、どんなチームになるのか楽しみになる瞬間。1年生の練習試合で見た生沼君のショートの守備のうまさが忘れられなくて、新チームでは生沼君がショートかなと思...
>> 続きを読む

負けた、早実対八王子戦
負けた。負けたよ。なかなか受け入れ難い。内容的には完敗でした。早実がやるべきことを八学に全部やられ、1点差まで迫ったものの、その内容はホームラン攻勢だけ。終始押されっぱなしだった。早実が押されることになったきっかけは、1回裏。先発の伊藤君が球審に二段モーシ...
>> 続きを読む