早実、黄金時代への道 ~「早実、甲子園への道」第3章~

管理人による早実の公式戦の観戦記です。
「早実、甲子園への道」でスタートし、2006年センバツ出場を機に「早実、全国制覇への道」とタイトルを変え、2006年夏の全国制覇を機に「早実、黄金時代への道」にタイトルを変更しました。

勝ちを逃す、早実対二松学舎戦
敗戦のショックの余り、すっかり更新し忘れて1週間が経ってしまいました試合内容を忘れないうちに、遅くなりましたが更新します準々決勝の相手は二松学舎最近は二松学舎に選抜を阻まれることが繰り返されているので、そろそろ勝ちたい相手だが、しかし、結果はご存知のとおり...
>> 続きを読む

小技が冴える、早実対大森学園戦
早実と因縁(詳細は前回記事を)のある石黒監督率いる大森学園との3回戦。大森学園はここまで左の軟投派八田君→右の本格派松本君の継投で勝ち上がってきていたので、早実戦もその継投かと思ったら、、、松本君が先発だった。本格派の右投手とは修徳戦で対戦済み。なので、早実...
>> 続きを読む

勝ちに不思議の勝ちあり、早実対郁文館戦
2回戦の相手は郁文館。元日本ハムの田中幸雄(こゆきおおゆき)が監督として率い、やや不気味な存在。しかも、あまり縁起が良くない立川球場。かつては、現在ジャイアンツの高橋擁する東海大菅生に敗れ、同じくジャイアンツの大江擁する二松学舎に敗れた場所。しかもどっちもサ...
>> 続きを読む

観戦解禁、早実対修徳戦
やっと、やっと待ちに待った生観戦。実に、去年の夏以来。何時に起きて、何時頃に出発すると、いいタイミングで球場に着くのか、感覚がまったくわからなくなってしまっていた。久しぶりすぎる試合は、まずメンバー表が新鮮。生で見たことがある選手は田和君、清宮君、石郷岡...
>> 続きを読む

プライド、早実対八王子戦
秋の辞退、春の大会中止、雨天順延が続いて、ようやく待ちに待った公式戦初戦。初戦の相手はライバルといってもいい八王子。神様はこのチームにどれだけの試練を味わせれば良いのかと思いたくなるほど強敵。ここで負けたら、公式戦が1年間でたった1試合で終わってしまう。緊...
>> 続きを読む

2019秋季大会出場辞退
台風で1週間順延となって、「いざ、楽しみな週末到来!」と思っていたら、ショッキングなニュース。まさかの、早実、秋季大会出場辞退。各紙の報道をまとめると、次の通り。・9人による「問題行動」を理由に12日以前に出場辞退届・学生野球協会の処分案件の中に、校名事案非...
>> 続きを読む

独り相撲、早実対國學院久我山戦
準々決勝、早実対國學院久我山戦、負けてしまいました。寄りによって、仕事で見に行けず、ネットに接することもできない状況での敗戦。呆然として、録画したビデオも満足に見られないままで、この記事を書いています。負けた結果を知った状態で試合展開を振り返っているとい...
>> 続きを読む

我慢比べ、早実対東村山西戦
5回戦の相手は、変則フォームの好投手内野君を擁する東村山西との対戦。動画を見る限り、リズムが取りにくそうなフォームだったので、打ちあぐねるかなと不安が少々。さて、そんな試合ですが、早実は先攻。1回表、さっそく内野君と対決。2アウトランナー無しで生沼君はサード...
>> 続きを読む