早実、黄金時代への道 ~「早実、甲子園への道」第3章~

管理人による早実の公式戦の観戦記です。
「早実、甲子園への道」でスタートし、2006年センバツ出場を機に「早実、全国制覇への道」とタイトルを変え、2006年夏の全国制覇を機に「早実、黄金時代への道」にタイトルを変更しました。

浮き足だった、早実対國學院久我山戦
春に完敗した國學院久我山との雪辱戦結果はまたしても完膚なきまでの敗戦早実の夏は終わりました主な敗因として考えられるのは浮き足だった焦り焦りを先に見せたのは早実先発した石島君が初回、2回と3四球を出すと、石島君の打席でいきなり代打を出して引っ込める石島君の立...
>> 続きを読む

繋ぐ、早実対福生
今日の対戦相手は福生好投手伊藤君を擁するとのことで、早実打線がどうやって伊藤君を攻略するかを気にしていた果たして、早実は2回1/3で伊藤君をノックアウトそのきっかけになったのは初回1番バッターの箭原君のレフト前ヒットこれで伊藤君の早実打線に対する警戒感が高まり...
>> 続きを読む

豊富なコミュニケーション、早実対佼成学園
3回戦の相手は今大会シード校の佼成学園。大会2戦目にしていきなりの難敵。まずはスタメン、早実は思い切ったメンバー起用。先発は初戦に引き続き2年生の石島君。エース田和君をリリーフに回すという、かつての吉村君がエースの代や小野田・鈴木健介の代と同じパターンか?キ...
>> 続きを読む

新戦力躍動、早実対大成戦
いよいよ甲子園をかけた初戦の日を迎えた。今年は新型コロナ禍で全然練習試合を見られなかったので、春からどれだけインプルーブできたのか、まったく情報がない。1年生が二遊間のレギュラーをとったのはベンチ入りメンバーを見てわかるけれど、果たしてどんなチームになって...
>> 続きを読む

完敗、早実対國學院久我山戦
2021年、春の大会結果は國學院久我山相手に完敗、初戦敗退でした秋も圧倒的とはいえない戦力ながらなんとか勝ち上がっていったので、一冬あけてどれくらい成長したのかを期待していたけれど、、、コロナのせいもあるのか、そうでもなかった先発した田和君初速こそ速くなった...
>> 続きを読む

勝ちを逃す、早実対二松学舎戦
敗戦のショックの余り、すっかり更新し忘れて1週間が経ってしまいました試合内容を忘れないうちに、遅くなりましたが更新します準々決勝の相手は二松学舎最近は二松学舎に選抜を阻まれることが繰り返されているので、そろそろ勝ちたい相手だが、しかし、結果はご存知のとおり...
>> 続きを読む

小技が冴える、早実対大森学園戦
早実と因縁(詳細は前回記事を)のある石黒監督率いる大森学園との3回戦。大森学園はここまで左の軟投派八田君→右の本格派松本君の継投で勝ち上がってきていたので、早実戦もその継投かと思ったら、、、松本君が先発だった。本格派の右投手とは修徳戦で対戦済み。なので、早実...
>> 続きを読む

勝ちに不思議の勝ちあり、早実対郁文館戦
2回戦の相手は郁文館。元日本ハムの田中幸雄(こゆきおおゆき)が監督として率い、やや不気味な存在。しかも、あまり縁起が良くない立川球場。かつては、現在ジャイアンツの高橋擁する東海大菅生に敗れ、同じくジャイアンツの大江擁する二松学舎に敗れた場所。しかもどっちもサ...
>> 続きを読む